東京で一番大きな図書館は?

東京都内には、約390もの公立図書館があり毎日多くの人で賑わっています。そんな東京都内で、一番大きな公立図書館はどこでしょうか?

一言で大きいと言っても、蔵書数、閲覧席数、面積など様々な要素がありますが、図書館といえば、図書館内で資料を見る、そして資料の貸し出しですから、蔵書数と閲覧席数のランキングをそれぞれ見てみましょう。

蔵書数ランキング

3位 府中市立中央図書館

蔵書数:約96万冊

蔵書数第3位は、約96万冊の蔵書を有する、府中市立中央図書館です。府中市には、12の図書館があり、中央図書館はその中心館に位置づけられている図書館で、市内最大の図書館です。京王線府中駅から徒歩7分の総合文化施設、「ルミエール府中」内にあります。
蔵書数も多いのですが、閲覧席数も多く、都内でも上位に入ることに加え、開館時間は9時から22時までとこちらも都内で最も長く開館している図書館の1つとなっています。

府中市全体では、約150万冊の蔵書があり、中央図書館の蔵書が多いこともあり、東京市部全体では、2番目に多い蔵書数の市となっており、図書館施設は充実していると言えます。

住所:〒183-0055
東京都府中市府中町二丁目24番地 ルミエール府中3・4・5階
開館時間:
9:00から22:00(利用登録・レファレンスは9時-19時)
アクセス:
京王線府中駅から徒歩7分

3位 八王子市立中央図書館

蔵書数:約98万冊

少し意外に思うかもしれませんが、東京都内の図書館蔵書数の2位は八王子中央図書館です。蔵書数としては、府中市立中央図書館とほぼ同数で、年単位で順位が入れ替わっていますが、現在は、八王子市立図書館が上回っています。

八王子市には9つの図書館があり、八王子中央図書館はその中心館として機能している図書館です。1985年開館と、建物はやや古めで、閲覧席も55席と中央図書館としてはかなり少ない感じではあります。(椅子のみの席は150席あり、こちらは多いです)

八王子市全体での蔵書数は、中央図書館の蔵書の多さもあり、約160万冊となっています。160万冊は、東京市部では最も多い蔵書数です。

八王子中央図書館
住所:〒193-0835 八王子市千人町3-3-6
開館時間:
平日  10:00~19:00
土日祝 10:00~17:00
アクセス:
JR西八王子駅より徒歩3分

1位 東京都都立中央図書館

蔵書数:約200万冊

公立図書館で都内最大の蔵書を有しているのは、東京港区にある都立中央図書館です。蔵書数は200万冊と2位の八王子市立中央図書館の2倍以上の蔵書数となっており、圧倒的な1位です。

都立中央図書館は、広尾駅1番出口から徒歩8分の有栖川宮公園内にあります。5階建ての館内は、フロアごとにジャンルの異なる蔵書を開架しているほか、多目的ホールや閲覧室なども用意されています。
ただし、資料については、個人への貸し出しは行っておらず、また、児童書は所蔵されていません。資料はコピーすることができます。

住所:〒106-8575
東京都港区南麻布五丁目7番13号
開館時間:
月〜金:10:00時〜21:00時
土日祝:10:00時〜17:30
アクセス:
東京メトロ日比谷線 広尾駅1番出口から徒歩8分

閲覧席ランキング

3位 北区立中央図書館

閲覧席数:374席

閲覧席数の3位の図書館は、北区立中央図書館です。北区立中央図書館は、北区内では最大の図書館であるとともに、都内でも有数の規模の図書館です。建物は赤レンガ倉庫と新築部分が一体化し、1階総合フロア、2階こども図書館、3階協働フロアの3層構造となっています。ユニバーサルデザインによる段差のないフロア、車いす等をご使用の方も利用しやすい高さの書架や机、トイレも採用され、「利用しやすさ」にも配慮されています。
また、カフェ「アトリエ・ド・リーブ 赤煉瓦Cafe」が併設されており、ランチや軽食などを食べることができます。

住所:〒114-0033
東京都北区十条台1-2-5
開館時間:
平日・土曜/9:00 ~ 20:00
日曜・祝日/9:00 ~ 17:00
アクセス:
JR/南北線王子駅より徒歩15分
JR十条駅南口より徒歩12分
JR東十条駅南口より徒歩12分

2位 ゆいの森あらかわ

閲覧席数:615席

2位は閲覧席数615席の、荒川区立 ゆいの森あらかわ図書館です。
「ゆいの森あらかわ」は、中央図書館、吉村昭記念文学館、ゆいの森子どもひろばが一体となった施設で2017年にできた比較的新しい図書館です。
建物デザインとしても洗練された図書館で、まず、入館直後のエントランスが、広々と落ち着いた空間になっていますが、他のフロアも間仕切りが少なく、広場的な空間をでつながっています。絵本と子ども施設、小説と文学館の組み合わせなど、来館者の興味に合わせ、横断的に配置されていることで、自然に移動ができます。館内には小イベントスペースである、「ゆいの森ホール」がありますが、イベントがないときは読書スペースとして使えるなど、読書を楽しむ空間づくりがされています。
また、フロアは吹き抜けになっており、開放館がある作りで、落ち着いた雰囲気で本を読むことができます。

住所:東京都荒川区荒川2-50-1
開館時間:
全日 9:30-20:30
アクセス:
都電荒川線荒川二丁目(ゆいの森あらかわ前)下車徒歩1分

1位 東京都立中央図書館

閲覧席数:916席

閲覧席数の1位は蔵書数と同様に東京都立中央図書館で916席となっています。
5階あるフロアは、1階は受付・総合案内・資料お渡し・返却カウンターなどの運営管理機能をはじめとして、ビジネス、法律、健康・医療、新聞、コミックなどがあります。2階には社会・自然科学系資料・閲覧室、3階には人文科学系資料・閲覧室、4階は人文科学系資料・閲覧室、5階は特別文庫室になっています。

1階にはカフェ、5階には有栖川食堂があり、食事も楽しむことができることに加え、有栖川宮記念公園の中の図書館として、公園の自然も合わせて楽しむことができ、ゆっくりとした時間を過ごせる場所です。

住所:〒106-8575
東京都港区南麻布五丁目7番13号
開館時間:
月〜金:10:00時〜21:00時
土日祝:10:00時〜17:30
アクセス:
東京メトロ日比谷線 広尾駅1番出口から徒歩8分

東京で一番大きな図書館は?

蔵書数、閲覧席数でランキングしてみましたが、両方とも1位は都立中央図書館でした。よって大きな図書館総合1位は「東京都立中央図書館」に決定です。

関連記事

東京都立中央図書館について 広尾駅1番出口から徒歩8分の有栖川宮公園内にある図書館です。蔵書数は国内の公立図書館では最大級の約200万冊を所蔵しており、また、閲覧席も916席と他の図書館と比較し、格段に広い図書館です。 ただし、資料につ[…]

東京都立中央図書館